Deeper キャスト可能な魚群探知機 ディーパー(Baltic Vision)

Deeper キャスト可能な魚群探知機 ディーパー(Baltic Vision)

Deeper CHIRP+ 【Baltic Vision-魚群探知機】

水に浮かべるだけ!淡水・海水どちらもOK!小型魚群探知機!

 

にほんブログ村 釣りブログへ

手のひらサイズの本体にぎっしり詰まった最新技術、小さくても本格派~初心者まで使いやすい魚群探知機です。ルアーの様にキャスト可能で沖の地形も確認することができます。面倒なバッテリーも必要なし、USB接続で簡単充電。スマホにWi-Fi接続で100m先でも接続可能。

僕は磯の地形把握とワカサギ釣りでの魚探として使いましたが、かなり性能が高いです。充電の持ちも予想以上でした。詳細はそれぞれの釣行記事・動画にてご覧ください。(ページ下部にリンクあります。)

 

小型ながら機能は本格派!

本体のサイズは野球ボールくらいですが、機能がすごいです。ぶっちゃけ、最初はこの値段で、このサイズで・・「なんちゃってでしょ・・(笑)」と思っていましたがそんなことはありませんでした。

 

 

CHIRP(チャープ)テクノロジーで鮮明に

よくある魚探には、パルス方式とチャープ方式というものがあります。結論から言うとチャープ方式の方が優れているといえます。もちろんその名の通りDeeper CHIRP+は後者を採用。毎秒15回のスキャンで水中の変化を細かく捉えます。

 

パルス方式

従来のパルス方式は、50kHz/200kHzなどの単一周波数を使用し、送信から対象物あたり跳ね返って受信するまでの時間差で魚や水深を測定する。

鮮明さに欠け、根付きの魚と海底が区別しにくい。

 

チャープ方式

専用の振動子から連続した周波数の音波を発射することで精密な水中の状況を把握。

従来のパルス式に比べ鮮明で、魚群を個別に認識しやすく根付きの魚も判別しやすい。

 

浅い水深~100mの深場まで・・

浅い場所~深場までそれぞれに適したモード選択でより鮮明に水中を把握することができます。モード変更はスマホで簡単に変えられますので本体は浮かべたままでOK。

 

 

釣りに使える機能がいっぱい

水温計搭載で浮かべている間いつでも水温を確認可能。水温の変化に気づくことで釣果にもつながります。

バッテリーは連続使用でも約6時間、更に急速充電に対応しています。

GPS内蔵でマッピング可能!おかっぱりアングラーの強い味方です。

ボートでは浮かべたまま引っ張れば地形の変化や魚群を察知できます。

沖の怪しいポイントへキャストして手元のスマホで地形をチェックすることも可能です。※約100m先まで接続

 

Deeperを手に入れる

下記のボタンから販売ページを開くことができます。

 

 

 

実際使用した様子

磯で使ってみた編

 

湖でボート・桟橋にてワカサギ釣りに使用した編

【冬の風物詩】相模湖で初のボート&桟橋でワカサギ釣りに挑戦!(遊漁料・レンタルまとめ)公魚釣りといえば魚探、手のひら魚探「Deeperディーパー」が有能だった件。

 

 

 

その他便利グッズカテゴリの最新記事