チヌ競技SPECIAL Ⅳ (がまかつ)

チヌ競技SPECIAL Ⅳ (がまかつ)

チヌ競技SPECIALⅣ 【がまかつ-磯竿】

軽快・抜群の操作性を徹底的に追求したモデル

出典:がまかつ

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 神奈川釣行記へにほんブログ村 釣りブログ ウキフカセ釣りへにほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ

 

チヌトーナメンターや使いやすいチヌ竿を探している方にオススメのモデルです。

 

チヌ竿というと細身で柔らかいものが多く、磯竿を使い慣れていない方は振り込みがしにくかったり、穂先を折ってしまったりすることがあるかと思います。そんな方でも、競技シリーズは魚を掛ける前はシャキッとしていて、細い号数でも穂先の垂れなどが少なくとても扱いやすい竿です。

 

また、競技中に求められるキャスト精度や手返しの速さ、しっかりと魚を浮かせられるパワーを備えている優れもの。

 

 

チヌ竿の特徴とは・・

そもそもなぜチヌ竿はグレ竿に比べて柔らかく胴調子よりなのか?

これはチヌ・クロダイの特徴に合わせて作られているからです。チヌは釣ったことがある方ならわかると思いますが「ゴン・・ゴン・・」と首を振るように重い引きをします。その反動を弾かずに受け止めるために柔らかい胴調子の竿が適しているというわけです。また、グレと違い根に突っ込むようなタイプではありませんので、強引に魚をとめて引っ張るというよりは怒らせないようにじわりじわりと浮かせるイメージでやり取りをしますし、細いラインに対応する為でもあります。

浅い釣り場や溝を狙う場合、掛けた途端に驚くほど走られる時もあります。

 

そんな中で、モノによっては0号クラスになるとラインを通して伸ばした状態でダラっと穂先~#2辺りが垂れてしまうことが多いのですが、がまかつのチヌ競技は3の時から取り扱いにくさを感じませんでした!

その3から更に操作性や軽快さが向上しているとの事ですので、かなり期待できます。

 

出典:がまかつ

 

 

 

 

製品スペック

  品名コード 号数 標準全長(m) 希望本体価格(円) 標準自重(g) 仕舞寸法(cm) 使用材料(%) モーメント 継数(本) 先径(mm) 錘負荷(号) 適正ハリス(号)  

NEW

22165 0 5.0 78,000 165 110.0 C99.4 G0.6 15.5 5 0.75 1~3 0.6~1.5  

NEW

22165 0 5.3 78,500 175 116.5 C99.3 G0.7 18.3 5 0.75 1~3 0.6~1.5  

NEW

22166 0.6 5.0 79,000 173 110.0 C99.4 G0.6 16.7 5 0.75 1~3 0.6~2  

NEW

22166 0.6 5.3 79,500 183 116.5 C99.4 G0.6 19.2 5 0.75 1~3 0.6~2  

NEW

22167 1 5.0 80,000 178 110.0 C99.4 G0.6 17.6 5 0.75 1~3 0.8~2.5  

NEW

22167 1 5.3 80,500 193 116.5 C99.4 G0.6 20.9 5 0.75 1~3 0.8~2.5  

NEW

22168 1.25 5.3 81,000 203 116.5 C99.5 G0.5 22.5 5 0.75 1~4 1~3  

出典:がまかつ

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 神奈川釣行記へにほんブログ村 釣りブログ ウキフカセ釣りへにほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ

 

 

デザイン

 

べたつき防止の凹凸のあるデザインはグレ競技SPECIALⅣではゴールド・チヌ競技SPECIALⅣではレッドで印象的!

 

 

グリップはグレ競技SPECIAL4でも僕が実際に握って感動した競技特化型のグリップ、フィット感はがまかつの竿で一番だと思います。

 

⇩参考記事

1月の真鶴はメジナが釣れるのか?!今シーズンはブダイが絶好調だという地磯「道無し」でフカセ釣り調査!がま磯NEWロッド グレ競技SPECIALⅣの075-53を使ってきました!

 

 

 

 

インプレッション

※コチラは実際に釣行で使用したら書きます。

ロッドカテゴリの最新記事